鼠駆除はどこまで自分でできるか

subpage01

鼠はありふれた動物で見た目はかわいらしいですが、その被害は侮れないものがあります。

まず、鼠は様々な病気を媒介します。



その中にはサルモネラ菌やE型肝炎などの恐ろしいものも含まれています。

口コミ評判の高いT-SITE情報を厳選して紹介しています。

そのような菌をあちこち動き回り、そこら中をかじったり、フンや尿などをまき散らしたりすることで広げてしまうのです。

また、電線をかじることがあるので、それが原因の火災が起きることもあります。


ですから鼠駆除はとても大切なことなのです。

まだ鼠が少ない状況では、自分の手で駆除することも不可能ではありません。鼠駆除には市販にも多くのアイテムが出回っています。


鼠の死骸の処理をするのに抵抗がなければ、罠を用いて早めに駆除してしましましょう。

罠にも種類があり、バネ式、粘着式などが主なものです。


中でも一番即効性があるのはバネ式で、値段も千円程度で購入できます。



粘着式は鼠の通るポイントに置かなければ効果がないので、少し難しいかもしれません。どちらにせよ罠にかかった鼠はすぐに処分するのが衛生的に重要になります。

その際は絶対に死骸に素手で触れないようにしましょう。
もし、鼠の数が増えてしまったら個人の手で鼠駆除をするのはもう手遅れかもしれません。たとえば夜に複数の鼠が走り回る気配がしたり、鼠が人間への警戒心を薄くし人前に姿を現すような状況がそれに当たります。
先に書いたように衛生的、物理的なダメージも深刻ですが、鼠が目の前に現れる心理的ダメージも軽視することはできません。

このような時はすぐに鼠駆除の専門業者に依頼しましょう。
費用はかかりますが、個人が駆除を行うよりも即効性がありアフターケアまで気を配ってくれる所もあり安心感が違います。