毒エサ(殺そ剤)で鼠駆除しよう

subpage01

鼠駆除を目的に開発された毒エサ(殺そ剤)は、ホームセンターなどで購入することができます。

小分けの袋入りで設置できるものなど使用方法も簡単。鼠駆除は、ねずみの侵入口をふさいでしまう防鼠工事やワナを仕掛けて捕獲する方法がありますが、今回は毒エサ(殺そ剤)を仕掛けて駆除する方法をご紹介します。

毒エサ(殺そ剤)には、日常的に摂取させて殺害するものと、少ない回数で駆除が期待できるタイプがあります。いずれの方法も、ねずみの修正や被害の状況を考慮して、効果的に設置してください。

人の出入りがある場所では、就寝前など人影を感じさせない時間に設置するのが効果的です。

まったく新しいねずみ駆除の方法の有益情報にあふれているサイトです。

台所など食品がある場所では、食品はエサになり得るゴミなどをすべて片づけましょう。
他にエサになるものがあると効果が出ない可能性があります。
慢性的に摂取させるタイプの毒エサ(殺そ剤)は、ワルファリンやフマリン、クマテトラリンなどが代表的。

ねずみが食べたのを確認できたら、同じ場所に設置して繰り返し食べるようにしてください。

少ない回数で駆除が期待できるタイプの毒エサ(殺そ剤)は、リン化亜鉛、タリウム、硫酸タリウム、モノフルオロ酢酸ナトリウムなどが代表的。

goo ニュースに関する耳より情報です。

薬剤の毒性が強いので、小さいお子さんやペットがいるご家庭などでは取り扱いに特に注意が必要です。ねずみが良く出現するエリアは、一般家庭の天井や台所、床下など。


また、庭の植え込みや排水溝、下水管周辺などの屋外にも現れます。

毒エサ(殺そ剤)での鼠駆除は、ねずみとの根競べ。


安心・安全な暮らしを手に入れるため。


根気強く鼠駆除に取り組みましょう。