さまざまなハクビシン対策について

subpage01

ハクビシンは農村の果樹園や畑を荒らす害獣として知られていますが、近年では市街地の住宅地に出没して被害を及ぼすようになっています。
ハクビシンは住宅の天井裏に侵入して糞尿を溜め込むので強い悪臭やシミの原因をつくり問題となっています。ハクビシン対策用の忌避剤を使用すると忌避剤の臭いを嫌がって近づかなくなりまます。
また、害虫用のくん煙剤でも追い出し効果があります。
近年ではハクビシンが近づくとセンサーが感知して強い水流を噴射して撃退する機器が発売されています。

ネズミ駆除の方法の情報がわかりやすく紹介されています。

機器を庭に設置しておけばハクビシンの侵入を防止することができます。


これらの商品はネットやホームセンターで購入することができます。


自分でハクビシン対策をしても追い出し効果がないという場合は害獣駆除の業者に依頼したほうが早く解決することができます。
ハクビシンは鳥獣保護法で守られている動物なので、捕獲するときは自治体に被害の報告と捕獲申請が必要です。

ガジェット通信のお役立ちコンテンツ満載です。

業者は代行で申請して許可を得てからハクビシンを捕獲して遠くの山に返しています。

一度侵入すると追い出しは難しいので普段からハクビシン対策をしておくことも大切です。

ハクビシンが住宅地に出没するのはエサと寝る場所が欲しいためです。

生ごみやペットのエサはハクビシンが荒らしてしまうので、きちんと片付けておくようにします。



ハクビシンは細い隙間をすり抜けて天井裏を寝場所にしてしまいますので、家の周囲を点検して隙間を塞いでおきましょう。